産婦人科で気づく婚期の重要性

 女性はもともと婚期に対する認識が高いことが多かったものの、その状況は変化してきた。
仕事をしたいという人が増えてきた影響を受けて、働きやすい独身の期間を長めにする人が多くなっているからである。
その結果として晩婚の傾向が強まり、婚期を重視する意識を低下させている。この状況は看護師においても同様であり、働きやすくなるように資格を取得したいという気持ちから看護師になる人が多いことからむしろ状況は顕著になっているのが現状である。

 しかし、働き始めてみてその重要性を認識するようになる看護師もいる。
その代表的な例となるのが産婦人科に勤務することにした看護師である。
産婦人科で妊婦に対する指導を行ったり、不妊治療に携わったりしていると必然的に出産時期についての知識がしっかりとついてくることになる。
その結果として、出産を30代になる前に行っておくのに越したことはないという事実を理解するのである。
母体のためにも胎児のためにも若いうちに出産する必要があることを理解して、焦ってしまう看護師も多い。
そこで決意して必死になって休日に結婚相手を探すように動き出し、速やかに結婚をして出差に向かっていくことがしばしばあるのが現状である。

 周りは晩婚をしているから問題ないと考えてしまう人もいるものの、産婦人科に勤務していると医学的な根拠をもって早期に出産することの必要性を理解してしまうことになる。
その結果として婚期の重要性についての認識が高まるのである。