結婚したいときは婚期を考えること

 雇用が男女平等になって、働きたい女性にとっては理想的な環境が作られてきているのを感じるだろう。
好きなことに打ち込めるのは幸せなものであるが、職業によっては先のことを考えなければいけなくなるのである。

 例えば看護師の場合、人に頼られ役に立ち、遣り甲斐を感じることも多いのだが、それゆえ責任のある立場になると簡単に辞めることができなくなってしまうのだ。
勤め続けることは大切であるが、特に女性の場合は結婚願望もあって、子供を望むなら婚期というものも大切になってくるだろう。
幾つになっても結婚はできるが、子供を産み育てるためにはやはり若さが必要になってきて、この件に関しては男性よりもシビアな現実が存在しているのである。
最低でも閉経する前であることが条件であるし、若いほど可能性が高くなるのも自然の摂理といえるだろう。
それゆえ結婚を願っているなら婚期について考える必要が出てくるのだが、看護師という職業は勤続年数が増えるほど周囲から頼りにされていく、役職に就くと簡単に辞められなくなってしまうのだ。

 そして結婚を逃してしまうこともあるので、自分にとって何が大切なのかを常に考えておくことが必要で、場合によっては辞職を考える必要も出てくるだろう。
これは自分に向けられる信頼を裏切るわけではなく、優先順位をはっきりとさせることで正しいか否かの問題ではないのだ。自分の目的を明確にすること、そのうえで働き方を考える必要が出てくるのである。